全社が政治権力の必要性を認めるようになった

全社が政治権力の必要性を認めるようになった  ここまで最近の公民教科書について悪い点ばかり指摘してきた。ただし、前回及び今回、改善された点がなかったわけではない。特に、領土問題又は領土をめぐる問題に関する記述は格段に良くなった。もっとも、これは、政府肝いりで改善された点である。 これに対して、特に政府が力を入れたわけ…
コメント:0

続きを読むread more

グローバリズムによるナショナリズム狩り―――『新しい公民教科書』に対する検閲の本質的な意義

 3月以来、『新しい公民教科書』に対する検定が過酷であり、検閲とも言えるものだったことを記してきた。特に、中国関係の記述に対する検定が厳しかったから、中国に忖度した検定だということを強調してきた。  また、何回も前の記事で、7月に入ってから、令和元年度検定を通過した自由社以外の他社公民教科書の検討を行ったことを記した。検討を行う中…
コメント:0

続きを読むread more