「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書

アクセスカウンタ

zoom RSS 安倍偽改憲を阻止せよ−−新年の挨拶に代えて、平成30年1月1日

<<   作成日時 : 2018/01/01 03:12   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

 「日本国憲法」は「日本崩壊の時限爆弾」(菅原裕)です。爆弾処理には、戦時国際法及び国家論の素養・知識と勇気が必要です。この二つを持っていない首相、政治家と知識人たちが、第9条A項を護持してB項に自衛隊の存在を明記する偽改憲案を推進しています。

 この案が国会より発議され国民投票にかけられた瞬間に、属国化が正式に確定し、日本滅亡の危険性が倍増します。日本は交戦国を持たない国として正式に定式化されるからです。

 昨年は、戦時国際法の研究をふまえて『自衛戦力と交戦権を肯定せよ』(自由社)を刊行し、交戦権を否認した国はミニ国家にも勝てず、一定の軍事力を備えた中小国には必ず敗北することを指摘しました。そして、同書の中で、交戦権を否認した国は、大国の属国中の属国になるしかないこと、或る大国から別の大国に簡単に売り渡されしまう危険性が高いことを説きました。

 交戦権に関する議論が沸き上がることを期待しましたが、何の効果もありませんでした。私としては、戦時国際法の研究を更に進め、日本の戦争をめぐる1931年から1952年までの歴史をトータルで掴みたいと考えています。そのことが、首相や政治家たち、そして日本人全体の心の根底にある日本人差別思想を解体し、日本の滅亡を阻止する一助になることを信じて。

 ―――――――――

付記 

 なお、国民投票法には、国民投票成立のための最低投票率が定められていません。ですから、自民党なりが安倍流の「日本国憲法」改正案を国会で可決させ、国民投票にかけた瞬間に、例えば10%の投票率でも、国民投票は有効なものとして成立するのです。つまり、国民投票で可決されても否決されても、第9条A項の護持が正式に確定し、日本は交戦権を持たない国として正式に定式化されます。何とも、民主主義を無視した制度なのです。

 しかも、もしも国民投票で否決されたならば、自衛隊は違法の存在となり、解散しなければならなくなります。属国としての定式化どころか、即滅亡の危機が訪れます。そこで、安部偽改憲を進める人たちは、国民投票前には「自衛隊をなくしてもよいのか、解散するわけにはいかないから賛成しろ」という運動を行うものと思われます。いわば、自衛隊を人質にして形だけの改憲、実質的には改悪を進めようとするわけです。

  一旦、安倍偽改憲案が国会を通過したならば、良くても属国中の属国としての固定化、悪ければ即滅亡という道が待っているわけです。首相のブレーンたちは、何とも、バカな案、売国案を考えた出したものです。国会での可決を阻止しなければならないと指摘しておきます。

 ですから、安倍政権がまともであろうとするならば、「日本国憲法」改正路線で行くとしても、最低限、9条A項削除と主権喪失下の憲法改正禁止規定を新設する「日本国憲法」改正案を提示しなければならないと言っておきます。

転載自由



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
初めて書き込みさせていただきます

安倍改正案に反対する青山繁春氏は「本九条は自衛権の発動を妨げない」と書き加えるべきという主張をしておられます
この案は安倍案より優れていると言えるのでしょうか?

 私は青山氏のことを基本的には信用していますが、こと憲法論に関しては信用していません。
 青山氏の「日本国憲法は間違っているから全条改正すべき、かつての帝国憲法もそうやって改正できたのだからできる。それも一条ずつでは時間がかかりすぎるからまとめて改正しないといけない」この辺の発言には唖然とします。
 全条改正なんて無茶できたのはGHQの脅しがあったからであって日本が望んだことではなく、しかも国民投票なしに改正できたからこそやってのけたことです。しかもまとめて改正?おかしいでしょう
 しかも日本国憲法はハーグ陸戦条約に違反してるから基本的に無効という発言をしてるあたりGHQの脅しがあったこともおそらく知っているはずです
 軍法がないから自衛隊が民法で裁かれてしまうということもおっしゃっていたがそれは9条の問題ではない76条の司法権あたりが争点なのではないのか
 これ以外にもまだまだあります。だからこそこの案がうまくいくとは思えないのです
まこと
2018/01/25 00:56
まこと様 コメントありがとうございます。「本九条は自衛権の発動を妨げない」と書き加えるべきという青山案は、何の意味もない改正案です。自衛権を否定する人は、憲法学者でもほとんどいません。そもそも、現在の政府解釈は自衛権を肯定した上で自衛隊を肯定しているものです。青山案も現状固定案でしかありません。安倍案と同じです。しかも、この案が国会から発議され、国民投票で否決されれば、自衛権も否定されたことになりますから自衛隊を解散しなければならなくなります。つまり、青山案は、安倍案と同じく、可決されても属国化の固定、否決されれば即滅亡を招く案だと考えています。  青山氏がどんな人間なのかわかりませんが、最も愛国的な議員の一人と思われる氏の態度に驚いています。青山氏は、あくまで、最低限、9条A項削除を唱え続けるべきです。
小山
2018/01/25 12:09
 ですよね。自衛権はすでにあるのだからそれを文章にする意味がわからないんですよ
 青山氏は9条のせいで相手が国なら戦えない自衛隊になっていてそれが拉致を許したと言うのですが、自衛権は誰も否定しておらず、当然発動する相手は国なのだから「自衛権を持てるという解釈をした時点で侵略を意図する敵国と戦闘することは可能」となるはずでしょう
 拉致を防げなかったのも尖閣を取られそうになっているのも何もかも間違った歴史観や反日マスコミなどによる自縄自縛であるとしか私には思えないのです。
 9条云々を改正といいますが西村しんごさんが「9条は普通に読んだら戦力は持てないのに解釈次第で真逆のことができている。こんなものは憲法として不適格」みたいなことをおっしゃっていた記憶があります。こんな無茶が通るのだから適当に解釈変えれば憲法なんて改正しなくてもどうにでもなるのではないでしょうか?
 
 
 
まこと
2018/01/25 17:52
まこと様
 日本がやるべきは、拙著『自衛戦力と交戦権を肯定せよ』の中で展開したように、9条解釈の転換です。9条A項はいくらでも交戦権も自衛戦力も持っていると解釈できます。実は「日本国憲法」をつくったケーデイス自身が望んでいた解釈です。首相に勇気があれば、この解釈に転換できますし、そうすれば拉致問題にも尖閣問題にも対応できるはずです。ただ、その勇気が持てないだけです。勇気がないから、9条A項削除論で公明党他を説得することもできないのです。
 言われるように、「日本国憲法」改正などしない方が、いよいよ危険な時は米国に押し付けられた偽憲法なんて守らなくてもよいという理屈も出てくるでしょうから、まだましなのです。しかし、今度改正して9条A項が残っていれば、こんな「憲法」なんか守らなくてもよいと言えないでしょう。日本人が自分たちで作ったばかりの「憲法」ですから。そのとき、一体、どんなに悲惨なことになるか、想像するだに、怖ろしい限りです。
小山
2018/01/25 23:51
何度も返信してくださり感謝いたします
おそらく安倍首相は憲法改正に踏み切ると思います
賛成不賛成どちらにしても最悪になるのなら
投票に行かないでおこうかと…
でも投票率が関係ない以上行かなくても結果は出てしまうわけ
でして困ったものです
青山案はネット上でも賛成が多く見られ議員の中にも賛成派が出る始末。あの見識の低さと言うかなんというか唖然とします
まこと
2018/01/26 17:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
安倍偽改憲を阻止せよ−−新年の挨拶に代えて、平成30年1月1日 「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる