アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
ブログ紹介
日本国家の耐用年数は後何年であろうか。なぜ、日本は衰退どころか解体していこうとしているのか。私はこの20年ほど、「日本国憲法」の成立過程史、中学校公民教科書や歴史教科書の歴史を研究してきた。その中で、戦後の歴史教育と公民教育の異常性こそが日本を解体していく最大の原因であると痛感するようになった。歴史教育や公民教育の根底には、明らかに「日本国憲法」がある。このブログでは、「日本国憲法」、歴史教科書、公民教科書をめぐり、情報や私の考えを発信していこうと思う。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
西村幸祐及びケント・ギルバート『トランプ革命で甦る日本』等3著を読む
 最近、沖田行司『日本国民をつくった教育』(ミネルヴァ書房)、百田尚樹・石平『「カエルの楽園」が地獄と化す日』(飛鳥新社)、そして西村幸祐及びケント・ギルバート『トランプ革命で甦る日本』(イースト・プレス)の三冊を読んだ。三冊を読む中で感じたことを、多少とも記しておきたい。    沖田行司『日本国民をつくった教育』(ミネルヴァ書房) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/30 23:12
つくる会FAX通信401号より転載−−「南京事件」の民間言論に介入した中国政府への緊急抗議声明
  間違いなく、中国は、近代国家ではない。いや共産党という私的な存在が国家の上に位置し、国家を支配する国だから、国家が持つべき公性を持たない私的な存在でしかなく、本来の意味からする国家でさえないとも言えよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/19 21:52
つくる会FAX通信400号より転載--「つくる会」創立20周年記念行事とブックレット案内
    以下に、つくる会FAX通信400号より転載します。     「つくる会」創立20周年記念行事とブックレット『「ヘイトスピーチ法」は日本人差別の悪法だ』の案内です。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/17 22:46
自己の体力との付き合い方につて(2017年1月16日)
 頭が殴られたような感じ ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/16 12:43
著作権を侵害され裁判を起こそうとしている人たちへの助言――『歴史教科書と著作権』を著して
   いよいよ本日、『歴史教科書と著作権――育鵬社歴史教科書事件判決を批判する』(歴史教科書と著作権研究会発行、三恵社発売)が発売される。この本は、平成25(2013)年4月から27年9月まで行われた育鵬社歴史教科書事件裁判の一審と二審の過程を追いかけ、二つの判決に対する批判を試みた書物である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/23 12:03
 『安倍談話と歴史・公民教科書』等4著共通の意義------偽物との戦い、日本人差別思想との戦い
  『安倍談話と歴史・公民教科書』等4著の出版 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 13:38
『歴史教科書と著作権--育鵬社歴史教科書事件判決を批判する』あとがき
  前回には、『歴史教科書と著作権--育鵬社歴史教科書事件判決を批判する』の「はじめに」を掲載した。今回は、やはり宣伝を兼ねて、「あとがき」を掲載することにする。なお、掲載にあたって、強調したい部分を拡大し赤字で示した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/19 23:19
 『歴史教科書と著作権――育鵬社歴史教科書事件判決を批判する』(三恵社)の出版
 『歴史教科書と著作権――育鵬社歴史教科書事件判決を批判する』(三恵社)の出版 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 23:47
 『「ヘイトスピーチ法」は日本人差別の悪法だ』の出版
  本年7月5日、《「欠陥ヘイト法と日本の危機」を中山成彬候補と語る国民集会》が開催された。このたび、11月末頃、集会の中の発言のうち、欠陥ヘイト法批判の部分に焦点を当て、その部分を膨らませた書物が出版される。すなわち、皿木喜久編・小山常実他著『「ヘイトスピーチ法」は日本人差別の悪法だ』(自由社ブックレット)である。 *発売は、12月15日に延びた。……11月28日記 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/25 01:36
服部剛『感動の日本史』を読んで――日本人の特性を考える
  前回、服部剛氏の『教室の感動を実況中継! 先生、日本ってすごいね――授業づくりJAPANの気概ある日本人が育つ道徳授業』(高木書房、2015年9月)を紹介した。今回は、同じ服部氏の手になる『感動の日本史 日本が好きになる――気概ある日本人が育つ授業づくりJAPAN』(致知出版、2016年10月)を紹介したい。  前回と同様、私が全く知らないか余り理解していないエピソードを中心に紹介していくこととする。そして、二つの本を読んで特に近代日本人の特徴について教えられることが多かったので、二冊を通... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/21 12:06
服部剛『先生、日本ってすごいね』をお勧めする
 一昨日から昨日にかけて、授業づくりJAPAN横浜(中学)代表の服部剛氏の二冊の本を読んだ。『教室の感動を実況中継! 先生、日本ってすごいね――授業づくりJAPANの気概ある日本人が育つ道徳授業』(高木書房、2015年9月)と『感動の日本史 日本が好きになる――気概ある日本人が育つ授業づくりJAPAN』(致知出版、2016年10月)である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 18:01
トランプ氏勝利は日本自立のチャンス―――今直ちにすべきこと
藤井厳喜氏によるトランプ氏勝利の予測 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/10 00:43
関野通夫『いまなお蔓延るWGIPの嘘』を読もう――歴史戦勝利のため、原理原則を重んじよ
 原理原則を重視しよう ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/07 02:12
ヘイト法も事実関係捏造から始まった――参院法務委員会議事録等を読む(2)
 ヘイト法も事実関係捏造から始まった ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/19 17:09
不公正・出鱈目な手続きで可決されたヘイト法……参院法務委員会議事録等を読む(1)
 対日ヘイト法により、警察と軍隊が日本人弾圧機関となる危険性 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/18 11:20
 『「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論―日本人差別体制を打破するために』
  『「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論』の出版 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/09 02:46
松木國俊『韓国よ、「敵」を誤るな!』――北朝鮮による韓国併合シナリオ
   一月前に松木國俊『韓国よ、「敵」を誤るな!』(ワック出版、2016年6月)を読んだ。主張は、タイトル通り、韓国にとって中国と北朝鮮が敵であること、日米が味方であることを説いた本である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/07 20:43
河添恵子・杉田水脈『「歴史戦」はオンナの闘い』PHP研究所−−オンナの歴史戦とペキンテルン
 河添恵子・杉田水脈『「歴史戦」はオンナの闘い』(PHP研究所、2016年7月)を読んだ。『中国人の世界乗っ取り計画』を書いた河添氏と歴史戦の最前線で闘う杉田水脈氏との共著である。本書では、やるべきだと思ったことをともかく実行してきた行動力抜群の杉田氏の歴史戦に対する熱意と、《中国の世界征服の野望》というコンセプトの中で歴史戦を捉えようとする河添氏の世界情勢把握とが、見事に結び付いている。面白く、一挙に読ませていただいた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/03 00:17
「10億円拠出」を見直し、真実の発信を!−−「慰安婦の真実国民運動」が声明を発表
  つくる会FAX通信より転載します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/06 00:17
藤岡信勝編著『国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘』(自由社)をお勧めする
  50日ほど前に、藤岡信勝編著『国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘』(自由社)を読んだ。非常に面白かったので、書評又は読書感想を書こうと思っていたが、ようやく記す余裕が少しできたので、ブログ記事として掲載することにした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/25 01:08

続きを見る

トップへ

月別リンク

「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる