アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書
ブログ紹介
日本国家の耐用年数は後何年であろうか。なぜ、日本は衰退どころか解体していこうとしているのか。私はこの20年ほど、「日本国憲法」の成立過程史、中学校公民教科書や歴史教科書の歴史を研究してきた。その中で、戦後の歴史教育と公民教育の異常性こそが日本を解体していく最大の原因であると痛感するようになった。歴史教育や公民教育の根底には、明らかに「日本国憲法」がある。このブログでは、「日本国憲法」、歴史教科書、公民教科書をめぐり、情報や私の考えを発信していこうと思う。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
『自衛戦力と交戦権を肯定せよ』の出版
  戦後のタブーに挑戦した ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/10/06 12:09
北朝鮮有事に備えて自衛戦力と交戦権を肯定せよ――解散総選挙のニュースに接して
 北朝鮮有事に備えた国内法の整備を ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/24 19:57
 「改憲勢力3分の2」の嘘(山際澄夫、月刊HANADA2016年9月号) −補、交戦権問題を議論せよ
  9月12日、自民党憲法改正推進本部全体会合開催 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2017/09/14 14:01
交戦権を持たない国はどうなるか――安倍改憲案に関連して
  23日前に認めた論考を掲載する ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

2017/07/28 23:08
川崎市にパブリツクコメントを提出−−川崎のガイドライン案は思想・良心の自由等まで制限する違法なもの
  数日前に川崎市の市の施設利用ガイドライン案を読んだ。そして、二日前、パブリツクコメントに応じて、意見書を送った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/17 01:57
荒木和博・荒谷卓・伊藤祐靖『自衛隊幻想――拉致問題から考える安全保障と憲法改正』を読んで
 荒木和博・荒谷卓・伊藤祐靖『自衛隊幻想』(2016年、日本工業新聞社)を読んだ。副題から知られるように、日本人拉致問題を通じて、安全保障と憲法改正の問題を考察した書物である。この本の主張は、全体として明確だ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/06/25 07:29
歴史戦の中の歴史・公民教科書(3)――教科書、歴史戦、憲法改正は一体の問題だ
  2日前、筆者の「日本国憲法」無効論に関するインタビュー記事が、ダイヤモンドオンラインに掲載された。興味のある方は、一読されたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 02:16
歴史戦の中の歴史・公民教科書(2)――歴史教科書と公民教科書の思想 
三、歴史教科書と公民教科書の特徴  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 12:43
歴史戦の中の歴史・公民教科書(1)――指導要領改訂問題と学び舎問題
  はじめに ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/22 01:33
GHQと同じやり口ではないか―――総選挙も経ずに「日本国憲法」改正の発議を行うとは
 国民投票 「国政選と同時」可能 憲法改正 自民・保岡氏が強調 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/15 14:47
原則を放棄するから日本は負けつづる−−「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論を掲げよ
   「日本国憲法」は基本的に無効だ――青山繁晴氏の発言 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 02:39
第9条A項を護持すればミニ国家にも勝てない――安倍改憲構想への批判
5月3日の安倍改憲構想の発表以来、不調である。体調を崩したので寝込んでいたが、安倍偽改憲構想がなぜダメなのか、更に考え続けた。特に交戦権の否認とは具体的にどういう意味なのか、ということを考えてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/28 16:11
安倍偽改憲案は「9条にノーベル平和賞を」運動への屈服である〜内田樹氏と安倍晋三氏の意見の一致
 昨日、平成29年5月24日、自民党憲法改正推進本部は会合を開いた。新たに、二階俊博党幹事長、細田博之総務会長、茂木敏充政調会長、橋本聖子参院議員会長らが顧問に就任し、下村博文氏が本部長補佐に、西村康稔氏が事務局長補佐に就任した。党三役が全て入っており、本格的に安倍偽改憲案の具体化に突き進むようだ。    河野統合幕僚長の賛成発言 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/25 20:56
内容的にも偽憲法を作ろうとする安倍首相
 戦時国際法の学習 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/07 11:40
安倍9条改正案は属国日本の固定化を招く――せめて占領下の憲法改正禁止規定を
軍隊を持てない国家として日本を固定化する安倍案 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 00:39
偽憲法記念日を迎えて――青山繁晴氏よ、拙著『「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論』等を批判されたし
  先日、「憲法無効論者の不遜と無責任」(H29/4/14)という青山繁晴氏の動画を見た。チャンネル桜のレギュラー番組「青山繁晴が答えて、答えて、答える」の平成29年4月14日分の放送の動画である。もう一度動画を見て、昨日の偽憲法記念日から今日にかけて、今回のブログ記事を記してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/04 02:40
バーンズ回答は憲法改正を要求したものだったのか――小山説再考
 前回の記事、即ち「渡部昇一氏の逝去、憲法無効論と国際法・憲法」を書いている間、過去に自分自身が書いてきたことに一つの疑問が生まれた。バーンズ回答は、確かに国体と区別された意味の政体について規定することを求めていたが、だからと言ってそれが憲法改正に必ずしもつながらないのではないか、という疑問である。こういう疑問が生まれたのは、戦時国際法に関する勉強を始め、前よりも占領というものに対する理解が進んだからである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 17:24
渡部昇一氏の逝去、憲法無効論と国際法・憲法
  渡部昇一氏を悼む ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 12:35
文科省、「聖徳太子」の呼称を復活!−−公共の精神、家族、地域社会を入れよ
 つくる会ホームページより、【文科省、「聖徳太子」の呼称を復活!】という以下の記事を転載します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/27 11:00
聖徳太子から厩戸王への転換は何をもたらすのか―――対等外交の抹殺
 文科省は共産党系の学び舎をスタンダードにするつもりか ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/09 01:26

続きを見る

トップへ

月別リンク

「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる