『新しい歴史教科書』検定合格――反日反米体制の思想構造打破の第一歩なり、追記2021/4/6

『新しい歴史教科書』が検定合格した 昨日、令和3年3月30日、『新しい歴史教科書』が検定合格した。 ほっとした。ようやく、これで出発点に戻ることができる。安倍政権と文科省によってとんでもない回り道をさせられたものだが。 昨年一月の構想をやり遂げたことになる――『新しい歴史教科書』と『新しい公民教科書』がセットで…
コメント:0

続きを読むread more

すべてのヘイトに反対する会編『日本を滅ぼす欠陥ヘイト条例--言論の自由を守るために』――言論の自由圧殺、日本人差別…

 一昨日、すべてのヘイトに反対する会編『日本を滅ぼす欠陥ヘイト条例--言論の自由を守るために』(展転社、2020年12月)を読んだ。本書は、罰則が定められた川崎市ヘイト条例に焦点を当てた論考をまとめた論集である。本書は、秋になって私も執筆者に加わった関係からも、公民関係の仕事から自由になったら真っ先に読了して紹介したいと考えていた本であ…
コメント:0

続きを読むread more

 『新しい歴史教科書』一発不合格の世界史的意義―――アメリカ大統領選挙観察を通じて分かったこと

 昨年10月以来、アメリカ大統領選挙を注視してきた。一体、バイデンが本当に政権を掌握しているかどうかは分からないが、一応、表向き、民主党政権が少しずつ始動しつつあるようでもある。しかし、アメリカの大手マスコミも「選挙は盗まれた」といった報道を行い始めたとも言われており、本当にバイデンと民主党が権力を握っているのか疑問の点もある。 …
コメント:0

続きを読むread more

『新しい公民教科書』をめぐる葛藤の歴史

 本年3月9日、ようやく校正作業から抜け出すことができた。その後、10日から13日まで、完全休養した。毎年3月初旬には身体が寒くなり寝込むことになるが、今年も半分程度そういう感じとなり、横になって暮らした。とりあえず元気が回復したので、前に進むために、2本のブログ記事を認めた。  あと2本、ブログ記事を認めたうえで、一番取りかかり…
コメント:0

続きを読むread more

公民関係の雑務を終えて―――「つくる会」ではなく私自身の仕事をする覚悟

 憂さを晴らし、頭を整理するために、そして前に進むために以下の文章を認めた。 3年間の「牢獄生活」を抜けて  3月9日、50日ほど続いた公民指導書の校正を終えた。初校の段階と最後の段階で少しだけ他者の協力を得たが、ほぼ一人で校正を行う羽目になった。全面校正を行ったのは私一人であった。細かく言えば7校ぐらいの校正を行ったが、実…
コメント:0

続きを読むread more

運命を自ら切り開く精神を――『新しい公民教科書』と3年間格闘して 『史』令和3年1月号掲載

 以下に、『史』令和3年1月号に掲載した論考を再録する。  米中新冷戦という捉え方がすっかり浸透した今、改めて『新しい公民教科書』の価値を再確認したところである。  運命を自ら切り開く精神を――『新しい公民教科書』と3年間格闘して                                   小山常実  三…
コメント:0

続きを読むread more