不正検定問題検討25――日中戦争長期化の原因

 今回24回目は、再び『教科書抹殺』が取り上げた100件の中から、欠陥箇所361番を取り上げる。361番も、『月刊 HANADA』12月号掲載の前掲藤岡論文が取り上げている。    『新しい歴史教科書』は、第5章の章末の《時代の特徴を考えるページ 近代後半(大正昭和前半)とはどんな時代だったのか》で、右上囲み【課題②について書いたさ…
コメント:0

続きを読むread more

不正検定問題検討24――「武士」

 今回24回目は、欠陥箇所134番の件である。今回は再び『教科書抹殺』が取り上げた100件以外の件となる。134番については、『月刊 HANADA』12月号掲載の前掲藤岡論文が取り上げている。  「武士」ではなく「武官」と記せ    『新しい歴史教科書』は、単元19【武士の台頭と院政】に春日権現験記絵の写真を掲載し、そのキャプ…
コメント:0

続きを読むread more

不正検定問題検討23――フェートン号事件

 今回23回目は、欠陥箇所244番の件である。今回も、『教科書抹殺』が取り上げた100件から取り上げている。244番は、240番、241番と同じく、単元49【欧米諸国の日本接近】(156~157頁)の記述に付けられた指摘である。   さて、『新しい歴史教科書』は、この単元で次のように記していた。   1808(文化5)年、イ…
コメント:0

続きを読むread more

不正検定問題検討22――三成に呼びかけられた輝元は実際に戦ったように誤解しないのか

 今回は、『教科書抹殺』が取り上げた100件の中から、欠陥箇所194番を取り上げる。『新しい歴史教科書』は、単元33【戦国大名】で「⓶300年以上命脈を保った毛利氏」という囲み記事で、次のように記していた。 輝元の時代には豊臣秀吉政権の重臣となり、関ヶ原の戦いでは西軍の大将格として徳川家康に敗北しました。 108頁 …
コメント:0

続きを読むread more