改めて民主党加入に国籍要件を入れよ---野田内閣誕生の機会に

  昨日、9月2日、野田新内閣が誕生した。この機会に、日本の主要政党に加入するのに日本国籍が不要である問題に触れておきたい。

  今、日本は、未曽有の国難に直面している。諸外国にとっては、日本侵略の絶好の機会である。それゆえ、内閣や国会といったところに、諸外国の侵略の手が及ばないようにすることが早急に必要である。

  それゆえ、改めて、民主党その他の政党が加入条件に国籍要件を入れるように要望するものである。2010年8月7日には、「民主党は加入条件に国籍要件を入れよ――外国人を政党に参加させるのは『日本国憲法』に違反する」という記事を掲載したが、そこで記したように、改めて、以下のことを民主党その他の政党に望みたい。



一、民主党はまっさきに党規約を改正し、党員・サポーターになるのに国籍が必要である旨を規定すること

二、公明党も、同様のことを行うこと

三、例えば政党法を新設し、党員・サポーターになるのに国籍要件が必要である規定を設けること



   まずは、野田首相が率先して、一の改革を行うように要望する。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック