アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「「日本国憲法」無効論」のブログ記事

みんなの「「日本国憲法」無効論」ブログ

タイトル 日 時
原則を放棄するから日本は負けつづる−−「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論を掲げよ
   「日本国憲法」は基本的に無効だ――青山繁晴氏の発言 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/12 02:39
内容的にも偽憲法を作ろうとする安倍首相
 戦時国際法の学習 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/05/07 11:40
安倍9条改正案は属国日本の固定化を招く――せめて占領下の憲法改正禁止規定を
軍隊を持てない国家として日本を固定化する安倍案 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/05 00:39
偽憲法記念日を迎えて――青山繁晴氏よ、拙著『「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論』等を批判されたし
  先日、「憲法無効論者の不遜と無責任」(H29/4/14)という青山繁晴氏の動画を見た。チャンネル桜のレギュラー番組「青山繁晴が答えて、答えて、答える」の平成29年4月14日分の放送の動画である。もう一度動画を見て、昨日の偽憲法記念日から今日にかけて、今回のブログ記事を記してみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/05/04 02:40
バーンズ回答は憲法改正を要求したものだったのか――小山説再考
 前回の記事、即ち「渡部昇一氏の逝去、憲法無効論と国際法・憲法」を書いている間、過去に自分自身が書いてきたことに一つの疑問が生まれた。バーンズ回答は、確かに国体と区別された意味の政体について規定することを求めていたが、だからと言ってそれが憲法改正に必ずしもつながらないのではないか、という疑問である。こういう疑問が生まれたのは、戦時国際法に関する勉強を始め、前よりも占領というものに対する理解が進んだからである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 17:24
渡部昇一氏の逝去、憲法無効論と国際法・憲法
  渡部昇一氏を悼む ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/23 12:35
 『安倍談話と歴史・公民教科書』等4著共通の意義------偽物との戦い、日本人差別思想との戦い
  『安倍談話と歴史・公民教科書』等4著の出版 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/20 13:38
 『「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論―日本人差別体制を打破するために』
  『「日本国憲法」・「新皇室典範」無効論』の出版 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/09 02:46
ヘイト法を廃止せよ、占領下の憲法改正禁止規定の設定を−−「日本国憲法」改正の最低条件 転載歓迎
 改正を自己目的化する安倍首相 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/11 11:46
 「GHQの押しつけ」説による無効論−−目的は再度の押し付けを防ぐこと
  7月初め、信濃毎日新聞から、長野県出身の宮沢俊義が唱えた8月革命説について取材を受けた。8月12日、特集「戦後70年 8月に憲法を語る 原点と未来」の第三回目として、私のインタビュー記事が掲載された。第一回は宮沢の孫弟子で「八月革命説」支持者の高見勝利氏、第二回は「日本国憲法」成立過程史研究者の古関彰一氏、第三回が私という順序である。第三回のタイトルは、「戦後70年 8月に憲法を語る 原点と未来B 「GHQの押しつけ」説による無効論 国民 自由意思反映なく」というものである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/21 02:29
日本共産党(社民党)及び支持者諸君に質す
 日本共産党・社民党を中心とする勢力は、今回の「安保法制」に「戦争法案」なる出鱈目なレッテル張りを行なって反対し、日本の安全保障環境の破壊に邁進している。その場合の一番の根拠が「日本国憲法」九条である。しかし、日本共産党自身及び支持者諸君、そして社民党自身及び支持者諸君、以下に掲げるような事実を御存知であろうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/08/01 14:54
八月革命説に基づく民定憲法説も、帝国憲法改正説も成り立たぬ
 前回は、この間の事態に対応して、九条解釈を自衛権肯定(個別的自衛権と集団的自衛権)−自衛戦力肯定説に転換せよという主張を中心に行った。だが、原則的には、果たして「日本国憲法」は憲法たり得るかという問題に取り組まなければならない。そこで、今回は、代表的な「日本国憲法」有効論である八月革命説と帝国憲法改正説に対する批判を行っておこう。両者とも、極めて荒っぽい、到底成立しない学説である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/07/06 14:28
憲法調査会『公聴会に関する報告書』を読む(2)――多数存在した憲法無効論的意見
  前回に続いて、『公聴会に関する報告書』を読んで思った事、考えたことを記していきたい。前回も述べたように、地区別公聴会や中央公聴会に比べて、都道府県公聴会における公述人の意見の方が面白い。時期の違いもあろうが、推薦による公述人だけではなく、公募による公述人が居るせいかもしれない。今回取り上げたいのは、都道府県公聴会における公述人の中に、憲法無効論又はそれに近い考え方をしている人間がかなり存在していることである。地区別公聴会や中央公聴会では、そのような公述人は皆無であったから、著しい違いと言えよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/10/23 20:07
憲法調査会に第一に望むこと―――平成12年3月11日
  今回は、衆参両院の憲法調査会が出来た時に『正論』に投稿して掲載されなかった論稿を、一つの記録として掲げることにする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/29 18:36
平成12(2000)年2月28日、衆議院憲法調査会への手紙−−暫定憲法論の立場から
   前回の記事で、憲法無効論の歴史をたどり、平成12(2000)年の衆参両院の憲法調査会設置の頃について記した。当時、私は、「日本国憲法」は有効か無効かという議論を調査会でしてもらいたくて、調査会に対して2月28日付けの手紙を送った。更には、無効・有効論議をしてもらうための一つの契機になればと、『正論』に「憲法調査会に第一に望むこと」という論文を急いで3月11日に仕上げ、投稿した。更には、衆院憲法調査会が「憲法調査会に望むもの」という論文募集(4月24日締め切り、400字詰め原稿用紙3枚以上5... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/29 18:10
憲法無効論の歴史―――八月革命説派との絡みで
  憲法調査会報告書を読む中で、なぜ憲法無効論が葬られたのか、考え続けてきた。そして、いかに無効論が理不尽な扱われ方をしてきたかということに思い至り、改めて憤りを痛切に感じざるを得なかった。そこで、簡単に八月革命説と無効論の歴史をふり返っていこうと考える。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/29 16:49
憲法無効論が葬られた理由のまとめ――『憲法調査会における各委員の意見』を読む(3)
 この間、憲法調査会報告書本体、その付属文書第一号『憲法調査会における各委員の意見』(『各委員の意見』と略す)と第十号『憲法無効論に関する報告書』を読み、憲法無効論がいったん葬られた理由を考え続けてきた。その中で、その理由がようやく分かったという気がしている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/22 23:17
新しい憲法には占領下の憲法改正禁止規定を――『憲法調査会における各委員の意見』を読む(2)
 『憲法調査会における各委員の意見』(以下『各委員の意見』と略す) の中には、付録として「憲法改正試案」が3種掲載されている。すなわち、広瀬久忠委員の「日本国憲法改正案」、大石義雄委員の「日本国憲法改正試案」、神川彦松委員の「日本国民憲法試案」の3種である。3種の改正試案を読み、気になったことを5点簡単にまとめてみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/20 23:56
無効論排撃の背景としての世界連邦構想(幻想)――『憲法調査会における各委員の意見』を読む
  前述したように、8月下旬に『憲法調査会付属文書第一号 憲法調査会における各委員の意見』(以下『各委員の意見』と略す)を読んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/20 13:25
理不尽な無効論の葬り方――『憲法無効論に関する報告書』を読む(2) 転載自由
 前回は、人物配置図から見てどのように憲法無効論が葬られたのか検討してきた。今回は、憲法調査会は、どういう議論を行って憲法無効論を葬ったのか、見ていきたい。    無効論の基本的立場に反対する者はいなかった  ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/18 18:36
憲法無効論はどのように葬られたのか−−『憲法無効論に関する報告書』を読む 転載歓迎
  9月に入って体調を崩したため、憲法調査会報告書の分析作業を休んでいたが、再開していくこととする。私が一番しなければならない仕事は、教科書問題ではなく、7年間休んでしまっていたが、「日本国憲法」無効論の理論的深化と平易化である。当面、この作業に没頭していきたい。教科書問題の解決も、無効論を通じた独立国の思想を広げなければ結局は元の木阿弥だからでもある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/09/08 00:54
憲法調査会報告書を読む(2)―――理解しがたい自主憲法制定論
 前回は憲法調査会報告書の簡単な紹介を行ったが、今回から報告書本体の内容に即して、感じたこと、分かったことを記していきたい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/08/21 20:59
渡邊正廣『日本国憲法について 若い人のために』(昭和42年)による八月革命説批判
 7月半ばから、ようやく自分のやりたいことを出来る状況となった。この半月程、「日本国憲法」成立史関係、無効論関係、占領史関係の書物を読んだり、読み直したりしている。当面、この作業を続けていくつもりである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/03 22:05
渡邊正廣『Made in U.S.A. 日本国憲法』(1)−国の最高法は自分で作るものではないのか
最近、長らく気になっていた渡邊正廣氏の著書『MADE IN U.S.A 日本国憲法』(新人物往来社、昭和48年)を購入し、昨日読んだ。「日本国憲法」無効論−−大日本帝国憲法復元改正論が正しいけれども、「あえてそれにこだわりません。今、火事が起きているのです。……取りあえず消すことが大事なのです」(165頁)として、「日本国憲法」改正を主張した本である。       私に言わせれば、「日本国憲法」改正では火事は消せませんよ、むしろ新たな火付けになりますよと言いたいところであるが、そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/18 17:16
保守だけではなく左翼こそ「日本国憲法」無効論に立つべし 転載歓迎
 昨年12月に「日本人差別「憲法」――「日本国憲法」の憲法としての無効確認を」の原稿を認めて以来、思い続けたことがある。ここまで日本国家及び日本国民を差別し続ける「日本国憲法」は、語の本来の意味の左翼にとってこそ無効な存在ではないかということである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/31 16:11
日本人差別「憲法」――「日本国憲法」の憲法としての無効確認を 転載自由
  今回は、二回前に紹介した【日本人差別「憲法」――「日本国憲法」の憲法としての無効確認を】(『インテリジェンスレポート』2014年2月号)を掲載する。この論文は、「日本国憲法」の日本人差別性について記したものである。その差別性は、敵国条項をもつ国連憲章顔負けのものである。「日本国憲法」が連合国が残していった〈残置諜者〉であることを噛みしめていただきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 8

2014/02/26 00:04
倉山満『間違いだらけの憲法改正論議』をお勧めする
   本日、倉山満『間違いだらけの憲法改正論議』(イースト・プレス、2013年10月)を読んだ。倉山氏の書物を読むのは、『誰が殺した?日本国憲法』(講談社、2011年)以来、長谷川三千子氏との共著を含めて4冊目である。どの本も面白かったが、凄いと思ったのは今回が初めてである。と同時に、大日本帝国憲法に対する低評価と「日本国憲法」に対する高評価の時代に青年期を送った団塊世代としては、こういう縛りから自由な若い世代が羨ましいとも感じた次第である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/06 23:54
検定基準改正問題の補説---目先に囚われず、原理のレベルでの闘いを
    目先に囚われず、原理のレベルでの闘いを    ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/01/05 22:32
平和主義と国民主権・人権尊重との矛盾---『本当は怖ろしい日本国憲法』を読んで
   最近、長谷川三千子・倉山満『本当は怖ろしい日本国憲法』(ビジネス社、2013年10月)を読んだ。自由社の『新しい公民教科書』に触れていることもあり、簡単な論評を加えておきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 3

2014/01/05 12:02
政府見解・最高裁判例条項は第三の「戦後日本の"拘束具"」となる  転載歓迎
   再度いうが、今回の教科用図書検定基準改正に関するパブリックコメントを送っていたただきたい。パブリックコメントの中では、近隣諸国条項の撤廃を要求していただきたい。また、政府見解・最高裁判例条項の新設に反対していただきたい。切に希望する。特に、政府見解・最高裁判例条項の新設は、大きな禍根を残すことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/04 18:53
「日本国憲法」無効論の目的――衆院選挙無効判決に思う……『史』平成25年5月号掲載、転載歓迎
  参院選が迫ってきた。「日本国憲法」96条改正が一つの焦点となると言われている。しかし、96条改正などを問題にする以前に、二つのことをやり遂げなければならない。一は、すぐに第9条解釈を長尾一紘説や大石義雄の自衛戦力肯定説に転換することである。二は、真実の「日本国憲法」成立過程史を作成し、成立過程における米国などの連合国の〈横暴〉性を断罪することである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/07 00:40
日本人差別「憲法」−−「従軍慰安婦」問題捏造の背景、5月27日増補
  「従軍慰安婦」問題の起点は日本人である ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/26 17:22
「残置諜者」としての「日本国憲法」−山内健生「戦後を考える(下)なぜかくも「断絶」へ歩を進めるのか」
  昨日、拓殖大学日本文化研究所客員教授の山内健生氏の論考、「戦後を考える(下)なぜかくも「断絶」へ歩を進めるのか」 (『季刊 新日本学』第6号、2007年、拓殖大学日本文化研究所発行、展転社発売)を読んだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/12 18:57
「日本国憲法」二題−−民主党綱領、橋下氏の96条改正意見
  民主党の全体主義的な「日本国憲法」観 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/26 02:10
南出無効論とは「予め裏切られた独立党の運動」理論−−−南出氏が無断公開した私のメール
   この間ひたすら南出無効論の批判を行ってきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 3

2012/12/08 22:35
「日本国憲法」無効論の目的 転載歓迎
前回まで、もっぱら、南出無効論の総括的批判を行ってきた。南出無効論の本質的な問題は、「日本国憲法」成立史に対する無関心から、自由意思の欠如という本質的な問題に対する意識が低いため、「日本国憲法」無効論の目的を見失ってしまったことにある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/03 01:05
南出無効論の有害性5点―――国際法破壊、法的不安定を招くその他 転載歓迎
 これまで何回かにわたって、南出無効論の非論理性、非学問性、有害性について記してきた。今回の記事では、その有害性についてまとめておきたい。  ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/25 17:47
南出無効論の全体的特徴-----事実への無関心、自由意思の欠如に対する意識の低さその他、転載歓迎
  これまで何度かにわたって、南出無効論の多くの論理矛盾と有害性を指摘してきた。そして、南出無効論とは「偽無効論」としか言いようのないものだと述べてきた。なぜ、こんな「偽無効論」が生まれたのか、南出理論の全体的な特徴をまとめながら考えていきたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/23 22:15
有害な南出氏の講和条約説−−−属国日本、国際法破壊の思想である 転載歓迎
  南出無効論の最大の特徴は、無効行為(規範)の転換の法理による講和条約への転換である。しかし、南出氏は、無効行為の転換の法理について誤解しているため、氏の講和条約説は無効行為の転換理論を適用する出発点で躓いていると、前記事で記した。つまり、「日本国憲法」無効論と講和条約説の間に橋をかけることはできないと記した。それゆえ、南出氏は、無効論を捨てるか講和条約説を捨てるかどちらかの態度をとらなければならないと記した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/21 12:13
無効行為の転換の法理について−−南出氏は「旧無効論」に回帰せよ 転載歓迎
   11月14日の記事「憲法無効論とは何か−−自由主義史観研究会発表レジュメ」の中で、南出無効論への論評も行い、その講和条約説が最大の問題だと記した。講和条約説が法学的に成立するとしても、この説は属国日本の思想表明なのでとってはならない説である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/11/19 15:54
憲法無効論とは何か−−自由主義史観研究会発表レジュメ、転載歓迎
  11月9日、自由主義史観研究会で、「憲法無効論とは何か」という題でお話させていただいた。これまでチャンネル桜で2度ほど無効論に付いて話しているが、私が研究会等の場で人前で憲法無効論に付いて正式に話すのは初めてであった。活発な議論が行われ、私には非常に刺激になった。また、この機会に、長らく読む気になれず放っておいた南出喜久治氏の『占領憲法の正体』をようやく一読することが出来た。そして、何よりも、私自身の無効論をまとめなおす機会を得ることが出来た。自由主義史観研究会及び9日にお集まりいただいた人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/11/14 02:34
法の精神の欠如―――メール無断公開を居直った南出信奉者  転載歓迎
    国体護持塾ブログに、「占領典憲パラダイムの転換を求めての反論について―1」が掲載された。この中で、当ブログ記事への反論にならぬ反論が掲載された。南出氏によるものではないが、塾長は南出氏なので、氏の承認の下に出されたものと思われる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/08 01:47
「日本国憲法」無効論の目的を見失った南出無効論―――南出氏によるメール公開問題で思うこと(2)
   弁護士の南出喜久治氏に勝手にメールを公開されたことを知り、驚き且つあきれてしまった。だが、腹立ちも収まらないし、南出無効論のことが頭を占拠してしまった。いずれきちんとこの数年間氏が著した著書を読んだ上で、氏に対する疑問や批判をブログにまとめて書こうと思っていたが、いろいろ氏の理論について考えていくうちに、南出理論の核心的な問題点が見えてきたような気がする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/06 23:34
南出氏によるメール公開問題で思うこと-----南出無効論の功罪
  平成19年における無礼(続)       前々回の記事で、平成19年における南出喜久治氏との手紙のやり取りについて触れた。その最後の方で、平成19年の4月に『別冊正論 日本国憲法の正体』に掲載した拙稿「占領管理基本法学から真の憲法学へ」という論文の一節について、南出氏が文句を言ってきた話を書いた。その一節を、もう一度掲げよう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/10/06 13:07
南出喜久治氏による著作者人格権の侵害−−他人のメールを勝手に公開することは止めよ 増補10月2日 
  著作権法第18条は、次のように規定している。      著作者は、その著作物でまだ公表されていないもの(その同意を得ないで公表された著作物を含む。以下この条において同じ。)を公衆に提供し、又は提示する権利を有する。当該著作物を原著作物とする二次的著作物についても、同様とする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/09/30 10:04
平成23年度末を迎えて---育鵬社盗作問題は日本崩壊の時限爆弾
  本日、平成24年3月31日、平成23年度が終了する。前に述べたように、この1月以上、育鵬社歴史教科書の執筆者と推薦者、そして育鵬社の責任者3名に手紙を送り続けてきた。しかし、誰一人、反論も弁解も、怒りの表明もしてこなかった。彼らは、自殺の道を歩むつもりのようだ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

2012/03/31 23:28
あとがき−−−正気を回復するために「日本国憲法」無効確認を
  最後に、『憲法無効論とは何か』の「あとがき」と「主要参考文献」を掲載する。「あとがき」の趣旨は、正気を失った日本人には「日本国憲法」無効確認が必要であるということである。ご一読願いたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/19 19:29
第四節 新しい憲法はいかにあるべきか
            第四節 新しい憲法はいかにあるべきか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 19:01
第三節 「日本国憲法」無効論に基づく憲法改正手続
第三節 「日本国憲法」無効論に基づく憲法改正手続      第三節 「日本国憲法」無効論に基づく憲法改正手続 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/19 18:41
第二節 「拉致された」正統憲法の復原改正
                  第二節 「拉致された」正統憲法の復原改正    右のように憲法改正目的を確認したならば、次には、改正方式を確定しなければならない。今、国会や自民党が進めている「日本国憲法」改正方式は、「日本国憲法」有効論を前提にしているから、原理的にとってはならない方式である。しかも、「日本国憲法」改正方式では、第一章でも述べたように、第二目的はもちろん、第一目的の前文と第九条Aの始末さえも覚束ないだろう。それゆえ、原理的に正当な「日本国憲法」無効論の方式により、憲法改... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 17:41
第四章「日本国憲法」無効確認と臨時措置法の制定を 第一節何のための憲法改正か
           第四章 「日本国憲法」無効確認と臨時措置法の制定を ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 13:19
第一章第二節 独立心を奪う「日本国憲法」有効論
          第二節 独立心を奪う「日本国憲法」有効論  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 12:44
第一章 「日本国憲法」改正は日本を滅ぼす、第一節 「日本国憲法」改正方式の害悪
        第一章 「日本国憲法」改正は日本を滅ぼす ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 01:14
『憲法無効論とは何か』はじめに
  前回、『憲法無効論とは何か』のなかから、第一章と第四章、「はじめに」と「あとがき」を順次掲げていくと記した。最初に「はしがき」を掲げよう。「はしがき」を書いたのは、2005(平成17)年11月のことである。今から6年半ほど前である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/19 00:53
9条Aと前文を削除し、「日本国憲法」を国家運営臨時措置法と位置付けよ−−迫りくる中国の侵略を防ぐため
  なぜ、日本人は「南京事件」の虚構を信じるのか ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/19 00:19
国連憲章と「日本国憲法」第9条の定める世界秩序−−−法的下層国としての日本、1996年8月(2)
    三、国連憲章及び「日本国憲法」第9条、日米安全保障条約と日本国 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2011/02/17 15:33
国連憲章と「日本国憲法」第9条の定める世界秩序−−−法的下層国としての日本、1996年8月(1)
  前回に続いて、今回は、前々回の記事で名前を挙げた『「日本国憲法」第9条の定める世界秩序――法的下層国としての日本』を掲げる。   この小論の本論部分は、「日本国憲法という神話」の場合と同じく、既に『「日本国憲法」無効論』の4章にほとんど使われているが、「あとがき―――三層世界秩序の認識から始めよ」の部分は使われていない。長すぎるので、二回に分けて掲載することにする。次回掲載の「あとがき」だけでも読まれたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/17 15:28
日本国憲法という神話―――衆議院憲法改正小委員会議事録を読んで―――1996年10月
   前回の記事で名前を挙げた「日本国憲法という神話―――衆議院憲法改正小委員会議事録を読んで」と「国連憲章と「日本国憲法」第9条の定める世界秩序―――法的下層国としての日本」を連続して掲げることする。今回は、「日本国憲法という神話」を掲げる。この小論の本論部分は既に『「日本国憲法」無効論』の4章にほとんど使われているが、「あとがき―――『日本国憲法』と『和の精神』」の部分は使われていない。この「あとがき」だけでも読まれたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/17 13:29
「日本国憲法」をめぐる虚構を解体せよ―――『諸君!』2003年3月号掲載
 1997(平成9)年3月、学校のカリキュラム改革などの仕事が忙しく、且つ体調を崩してほとんど研究を出来なかった頃であるが、 「日本国憲法という神話―――衆議院憲法改正小委員会議事録を読んで」と「国連憲章と「日本国憲法」第9条の定める世界秩序―――法的下層国としての日本」を、『大月短大論集』28号に発表した。此のころから日本の独立回復はどうしたら果たせるか、ということを真剣に考えるようになった。     この時から5年後の11月、私は『「日本国憲法」無効論』(草思社)を発表した。これが『... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/17 12:04
「国体」破壊を表明したNHK――― 「天皇と憲法」の狙いとは何か、2009年6月
  2009(平成21)年6月、私は、『激論ムック NHKの正体』に「『国体』破壊を表明したNHK」を掲載した。ジャパン・デビュー第2回放送の「天皇と憲法」について批判する論文である。今回は、激論ムック掲載論文の基となった原稿、「『天皇と憲法』の狙いとは何か」を掲載することにする。激論ムックには、この論文から4分の1程度削減して掲載した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/10 01:20
『別冊正論』14掲載論文に対する注意書き―――改めて無効論に基づく「日本国憲法」解釈を
   「皇室典範 議論すべき五つの論点」への注意書きの再録 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/10 13:37
資料・公民教科書分析(9)(10)を載せて思うこと−−歴史隠蔽体質は「日本国憲法」に由来する
  尖閣ビデオを公開せよ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/07 20:42
「日本国憲法」無効論を広げるための四つの作業―――平成19年12月10日
  同じく平成19年12月10日に記した「『日本国憲法』無効論を広げるための四つの作業」という覚書を掲載する。                                                   「日本国憲法」無効論を広げるための四つの作業                                                            平成19年12月10日 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

2010/10/22 00:37
無効論は「日本国憲法」有効論よりも法的安定性に寄与する――――平成19年12月10日
  今回は、平成19年12月10日に記した「無効論は『日本国憲法』有効論よりも法的安定性に寄与する」を掲載する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/22 00:24
「日本国憲法」が無効である理由――条約説は成り立たぬ
     「日本国憲法」が無効である理由 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/22 00:12
「日本国憲法」の性格―――平成19年5月5日、『日本国憲法無効宣言』への感想
本ブログは、二つのことを大きな目的としている。第一は、公民教科書と歴史教科書のひどさ、害悪を明らかにすることである。第二は、「日本国憲法」の性格を明らかにし、「日本国憲法無効論」の正当性を広めていくことである。   今の私は公民教科書や歴史教科書の研究に集中している関係から、本ブログの記事は教科書関係中心となっている。だが、無効論関係の記事も、掲載していきたいと考える。とはいっても、この3年以上、無効論関係のことをきちんと考察したり、研究したりしていないから、3年前あるいはそれ以前の論... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/10/21 23:37
「占領管理基本法学から真の憲法学へ」を再録して思うこと――改めて、無効論に基づく「日本国憲法」解釈を
 3年前の論文「占領管理基本法学から真の憲法学へ」を再録して、特に日本の文系学者についていろいろ思うことがあった。覚書ふうに書き留めておこう。   @日本が今日の体たらくに至った責任は、第一に文系の学者にある。例えば、憲法学者の多数派が「日本国憲法」の9条について自衛戦力肯定説を唱えていれば、政府の施策も、それ以上に公民教育も(歴史教育も)もっとまともなものになっていただろう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/18 12:02
占領管理基本法学から憲法学へ(三)―――独立国精神に基づく「日本国憲法」解釈を
  占領管理基本法学、無法学としての「憲法学」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2010/07/17 16:11
占領管理基本法学から憲法学へ(二)―――占領管理基本法から国家運営臨時措置法への転換
  憲法として「日本国憲法」が無効である理由 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2010/07/17 10:17
占領管理基本法学から憲法学へ(一)―――反日原理主義を生み出した「日本国憲法」
  去る6月20日、本ブログに「『日本国憲法』無効論に基づく「日本国憲法」解釈を」を掲載した。私がこのようなことを考えるに至ったのは、三年前に遡る。2007(平成19)年4月、私は 『別冊正論6号 日本国憲法の正体』に 「無効論の立場から−−占領管理基本法学から真の憲法学へ」という論文を掲載した。私は、この中で独立後の「日本国憲法」は国家運営臨時措置法に性格を転換したと解釈できるとして、独立国の国家運営臨時措置法に相応しい九条解釈などを行わなければならないと主張した。そこで、この論文を以下に掲... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2010/07/17 01:53
「日本国憲法」無効論に基づく「日本国憲法」解釈を
  天皇=政治的権威説、自衛戦力肯定説こそ正道である   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/20 13:09
歴史教育再建のために必要な「日本国憲法」の無効確認
 3年前、『史』平成19年7月号に「占領管理基本法としての『日本国憲法』」を掲載した。この小論では、「日本国憲法」の内容と成立過程が歪んだ歴史教育を生み出していることを示し、歴史教育の再建のためには「日本国憲法」の無効確認が必要なことを説いた。以下に拙稿を掲載することにする。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/06/20 12:57
浜教組問題について思うこと、その2―――歴史学と歴史教育の乖離、追記5月26日
 浜教組問題について、引き続き考えていきたい。今回は、歴史学と歴史教育との間の乖離の問題である。浜教組の作成した「授業マニュアル」のうち特に「大日本帝国憲法」に関するものには、まさしく、30年乃至50年以上前の古い講座派的な歴史観が見られる。すなわち、このマニュアルの特徴は次の二点に集約される。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/25 00:25
待ったなし!今こそ「日本国憲法」を無効とせよ――イラク問題に即して、2004年2月
  2004年2月、私は、自衛隊イラク派遣問題に即して、「日本国憲法」の処理方法を提案する論文を書き、『正論』平成16年4月号に寄稿した。今回は、この論文を再録する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/16 00:16
戦後日本の“拘束具”としての「日本国憲法」
今回は、『正論』平成15年1月号に掲載した「戦後日本の“拘束具”としての日本国憲法」を再録する。この論考は、『「日本国憲法」無効論』(草思社、2002年11月)を著した直後に発表したものであるが、「日本国憲法」成立過程の問題よりも「日本国憲法」の内容的問題に重点を置いて書いたものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/15 20:13
「日本国憲法」の性格について議論せよ−−自民党と憲法審査会に望む
  @新聞報道によれば、自民党は18日に「憲法改正原案」を提出するとのことであったが、13日の会合で異論が出たため、「改正原案」提出を見送ることになったという。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/15 15:51
自民党「憲法改正」原案提出のニュースに接して、その2――独仏の例に倣った「日本国憲法」の再定義を――
  無効確認→大日本帝国憲法復元改正方式こそ上策 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/13 00:53
自民党「憲法改正」原案提出のニュースに接して―――私はなぜ「日本国憲法」無効論にこだわるのか―――
  18日に自民党「憲法改正」原案提出予定 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/12 21:57

トップへ | みんなの「「日本国憲法」無効論」ブログ

「日本国憲法」、公民教科書、歴史教科書 「日本国憲法」無効論のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる